読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本の小さな小さな個人塾

熊本の小さな個人塾の日々

スポンサーリンク

集団指導?個別指導?

こんにちは!kumajukuです!

 

先日は、大手塾と個人塾のメリット・デメリットを書きましたが、今日は、集団指導と個別指導のことについて書きます。

今の塾は本当に進化・分化が進んでいて、本当に生徒さんの状況に合わせていろいろな方法で勉強することが出来ます。

単純に、集団指導・個別指導だけではなく、両方を組み合わせたり、生徒さんによっては、集団塾に通いながら弱点補強のために個別指導に通う…なんてこともあります。

今日は、ザックリと集団指導と個別指導のメリット・デメリットについて、知っている範囲で書いていきます。

 f:id:kumajuku:20170505093843j:plain

 

集団指導のメリット・デメリット

 集団指導のメリット

1.競争意識が高くなる(ことが多い)

まずは、最初のメリットはこれです。

友達やライバルと競い合って成績を上げる…この力は大きいです。「アイツが○点だったからもっと頑張ろう!」「今回はあの子に負けたから、次は絶対に勝つ!」という意識は成績を大きく上げてくれます。

口に出さないにしても、子どもたちは絶対に自分なりのライバルを持っているものです。

2.クラス全体で盛り上がる

上の内容とかぶりますが、良い雰囲気のクラスならば自然と勉強をするムードを作ってくれます。

宿題をきちんとしてくるという最低限のレベルから始まって、予習、復習、ミニテスト、質問、自習などのレベルが、ドンドン上がってくるのを感じたことは何度もありますよ。

 

集団指導のデメリット

 1.自分のペースで勉強できない

集団指導はクラス全体でカリキュラムに合わせて進んでいくので、自分のペースに合わない時があります。スピードが速かったり、遅かったり…生徒さんが戸惑うこともありますね。

授業が速くて説明のメモができなかったり、解き方が理解できなかったり…逆に遅くて暇をもてあまし、時間が無駄になったり…上がる成績も上がらなくなりますね。

あとはレベルが低い話ですが、学生や新人が授業するときに、うるさくで勉強にならない…なんて話も聞きますよ。

2.わからないところが解決できない(ことがある)

これも上の内容と重なりますが、スピードが速くて内容が理解できず、そのままの状態になっていることもあります。

後で質問したり、自分で解決できればいいんですが、勉強をこなすのに精一杯…なんてことも多いですね。

 

f:id:kumajuku:20170505102753j:plain

個別指導のメリット・デメリット

個別指導のメリット

1.自分のペース・スケジュールで勉強できる

成績に合わせて必要な勉強をしていく…とても効率が良いです。うちの塾も欠席した生徒さんの補習をすることがあります。授業は2時間だったけど、個別補習なら1時間ちょっとの時間で済んだ…ことはよくあります。

その生徒さんにとって必要な部分だけを勉強すればいいので、サクサク進んでいきます。

あと、最近増えてきているのがスポーツや他の習い事で忙しい生徒さんです。

熊本県の中3の部活は夏の中体連でほとんど引退します。しかし、他のクラブでスポーツをしている子などは冬くらいまで活動が残るので、受験勉強との両立は大変なんですね。

個別指導は時間の調整がしやすいので、そんな生徒さんには利点が大きいですね。

2.分からないところを解決しやすい

 個別指導ならば、わからないところをその場で聞くことができます。その場でドンドン解決できれば成績もアップしますね。

出来ない問題は確実につぶしていくことが出来ます。

個別指導のデメリット

1.学費が高い(ことが多い)

もともと個別指導は、苦手な教科をピンポイントで受講するのが目的なので、教科あたりの単価は高くなります。4教科受けよう…とか、夏休みや冬休みに集中して受講する…なんてことになったら、ビックリするような金額になります。

2.合わない先生に当たる(こともある)

先生一人に対して、生徒一人・生徒複数…など、タイプはいろいろありますが、基本担当の先生は決まっています。家庭教師にも当てはまりますが、どうしても合わない先生が担当になることもあります。

3.素人の先生に当たる(ことがある)

集団授業よりも個別指導の方が指導し始めは取り組みやすいので、特に新人の大学生が担当になることがあります。

新人の先生は一生懸命であるのは間違いないんですが、「どこで引っかかっているのか?」や「教え方」、「強化の全体像」が分かっていない場合がほとんどなので、レベルはどうしても低くなります。

4.競争意識がでにくい

一人で勉強するので、のんびりした性格の生徒さんは、競争意識が出にくいこともあります。

実力テストなどを定期的に受けて、今の実力を把握する必要があります。

5.指導の流れがはっきりしない(こともある)

 個別指導は生徒個々の対応になるので、どうしても苦手の克服にこだわりがちになることもあります。進度が遅くなる…なんてこともあります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

集団指導・個別指導、メリット・デメリットいろいろあります。

生徒さんに合う勉強方法が見つかる参考になれば幸いです。